甲州街道を歩く 第6回(H30.4.16)野田尻宿、犬目宿、下鳥沢宿 14.6㎞

-

JR上野原駅からJR鳥沢駅に至る今回のウォーキングは、全て現在の甲州街道(国道20号)と離れたルートで、自動車も少ない旧街道である。上野原の街中を出ると、道は曲がりくねり、アップダウンの連続で平地が殆ど無い昔ながらの道中を、総勢9名(男5、女4)は、天候に恵まれて、江戸時代の人々宜しく、長い道程を歩いた。往事の宿場の跡には集落があり、家々の表札に名字と共に屋号が記されているのが昔日の面影を残していた。集落を外れると、舗装されているものの昔ながらの街道であり、所々春の花が咲いている、そういった環境の中で旧街道の雰囲気を楽しみながら、最終地点に辿り着いた。途中、ごく僅かであったが、林の中に石畳の道も残っていた。また、集落内では、都会と違って隣家との距離が十分ある家々の、道に面して植えられている、色とりどりの花の美しさが非常に印象的であった。
別に記憶に残ったのは、武田信玄が小田原北条氏に備えて築いた長峰の砦跡の碑が道端にポツンとある傍にあった、松尾芭蕉の「古池や かわず飛び込む 水の音」の句碑である。 
恒例の打ち上げを東久留米に帰って行った。  ウォーキング部会長 東海俊孝
鶴川宿大椚一里塚跡野田尻宿石畳の道IMG_0959IMG_0969

IMG_0971

ウォーキング&山歩き(第65回)4月2日清瀬 カタクリの群生、柳瀬川の桜

-

すぐ隣町にある花の名所を訪ねたことがない校友が、少なからずいらっしゃるようである。例年より10日程早い桜の開花を告げるマスコミ報道に、今回のウォーキングの期日では既に花が散っていることの危惧が止まぬ日々を送りながら、4月2日当日を迎えた。
天気は正にウォーキング日和の中、総勢18名(男12、女6)で清瀬駅北口を出発、空堀川沿いのカタクリ群生地を目指す。折からカタクリ祭りの最中で、ボランティアの方に案内されて最初の群生地B地区へ着くと、疎らな林の斜面に小さな薄紫の花を下向きにつけているのを、草むらの中に発見。眼を凝らすと、余り広くはない辺り一面に三々五々、同じ姿形の薄紫の点在が見て取れた。芝桜のように密集して咲き誇るというのとは異なり、それぞれが密やかに草の合間に隠れて咲くといった、別の趣を楽しむもののようである。更に少し歩いて、公園として整備されたA地区へ。園内に設えられた鑑賞の為の道に沿って歩くと、B地区と同じ態様のカタクリが所々に見られたが、やはり今年の気象の所為か花の盛りを過ぎている様子も感じられたのは少し残念であった。また、カタクリの植生状況は、こんな小さな儚い花が毎年咲く為の関係者の配慮と努力が並大抵ではないであろうと想像させるに十分であった。
カタクリのえも言えぬ風情の表現は、先人の詩歌に訪ねることにした。
群れゐても かたくりの花 ひそとして (渡辺伝三)
うつむきてかたるほかなく ふるさとのほのむらさきの片栗の花(馬場あき子)
罪隠す乙女に似たり カタクリの花はうつむき震えてゐたり(日出登)
次に、小さな小川に沿った「清瀬せせらぎ公園」を散策しながら、カタクリのC地区を訪ね、小金井街道の清瀬橋を渡り、柳瀬川の左岸に歩を進めた。過去の洪水への対策として綺麗に整備された堤防の道の所々に、未だ散り残る桜を愛でながら「清瀬金山緑地公園」に至る。その先金山橋から台田公園に至る川沿いの2㎞弱は桜の名所として知られており、散り始めていたものの、辛うじて花見に耐える花の咲き誇りを保っていた。早速その桜の木の下に筵(シート)を広げて昼食と細やかな宴会を始めた。参加者一同円陣となって、先ずビールで乾杯。折から吹く心地よい風が、散り行く花びらを桜吹雪として我々に降り注できて、酒宴が盛り上がった。満開の花の下も素晴らしいが、豪雪のような花びらを浴びることで、一同、酒に加えて、酒とは別の官能に酔い痴れて、一時を堪能した。
花吹雪 浴びて大樹を 仰ぎけり(加藤美津子)
花吹雪 吾が煩悩を 拭はばや (吉野濃菊)
またや見ん 交野 (かたの)の御野(みの)の桜がり 花の雪ちる春の曙(藤原俊成)
帰路の途中、日枝神社・水天宮に参拝し、清瀬駅に戻った。
恒例の打ち上げは、初めて清瀬で行った。        部会長:東海俊孝記

カタクリ群生地にて柳瀬川_桜の下でカタクリ1カタクリ2柳瀬川_左岸IMG_0938

甲州街道を歩く 第5回(H30.3.19)小仏峠を越えて与瀬宿(相模湖駅)へ

-

靖国神社の桜の開花が告げられる良い天気が続く中、NHK天気予報は1週間前から前日まで「曇り時々雨」のままで変わらず、峠越えをやれるのか気を揉んだ日々が続いた最後に、漸く「昼は曇り」という予報を得てウォーキング実施に漕ぎつけた。総勢9名(男5、女4)で高尾駅に降り立つと、バス停は我々と同じ年恰好のウォーキング姿の人達で溢れていたのにびっくり。ウィークデーにも拘わらずの賑わいは、小仏峠登り口近辺の梅園が目当てと後で分かったが、途中狭い上り坂を走るバスの両側のあちこちでも目にした、満開の梅による白、ピンク、赤に彩られた景色は素晴らしかった。
標高648mの小仏峠は、奈良時代の僧行基が峠に一寺を建て、一寸八分の小さな仏を安置したことから名付けられたと言われる。その旧甲州街道の難所だった小仏峠は、江戸時代には甲州街道(当時は甲州道中といった)のルートに指定され、交通の要所となって通行が盛んになり、甲斐国と武蔵国・相模国を結ぶ要路として、麓には小仏関所が置かれた。しかし勾配が急で車道化が困難であったため、1888年(明治21年)に当時の国道(現在の国道20号)は大垂水峠を経由するルートへ変更され、これによって小仏峠を通る通行者は激減した。
登り口である小仏からは300mに満たない標高差を2㎞半程度で登る峠道でも、日常坂や階段を登っていない我々には、かなりの負荷であり、九十九折の小仏峠東坂の急坂を、息を切らせて登って漸く頂上に辿り着いた。頂上は小さな広場で幾つかのテーブルが置かれ、これを囲んで昼食をとったが、運動の後の食事は美味であった。峠頂には、「明治天皇小佛峠御小休所趾及御野立所」碑があり、2人並んで歩くのが無理な山道を、高貴な方がどのように登られたのかが話題となった。小原宿を経て与瀬宿(相模湖駅)へ続く小仏峠西坂は、登りの倍近い距離の下り坂であり、後で少なからぬ人達が「足が痛い」と訴えることとなった。こうした難路を踏破した後、振り返って、江戸・明治の人々の道行きの苦労を思い知った。
平地に出て、中央高速の高架を遥かに見上げて歩き、国道20号に沿って小原宿を過ぎた。ここには、神奈川県下に26軒あった本陣の中で唯一現存する「清水本陣」(重要文化財)があるが、折悪しくも休館日の為、立派な門を眺めたに留まった。江戸時代末期、本陣1、脇本陣1、旅籠7、問屋1を誇った宿並は明治28年の大火で灰塵に帰したとのことで、今では小原宿標柱から往事を想像するだけであった。更に進むと相模湖のダムが正面から間近に見えてきて、そこを過ぎるとJR相模湖駅だった。
恒例の打ち上げは、久々に帰路の途中所沢で行った。 IMG_0898IMG_0905小仏峠_土道_登り口小仏峠頂上周辺小仏峠東坂_急坂途中 ウォーキング部会長 東海俊孝

甲州街道を歩く 第4回(H30.2.19)与瀬(相模湖駅)~上野原

-

大雪の為、当初1月22日に予定した小仏峠越えが中止を余儀なくされた上、1ケ月後でも尚積雪が残る状況を踏まえて、春までこの山越え区間のウォーキング゙を先送りし、与瀬から上野原を目指すことにした。総勢12名(男7、女5)で中央本線相模湖駅を10時半過ぎに出発、日差しはあったものの、道路端の気温表示は7度。歩いていると少し汗ばみ、立ち止まると風が冷たく感じるが、厳冬期としては恵まれたウォーキング日和であった。
ガイドブックの地図では、国道20号線(現甲州街道)を跨いで行ったり来たりで、旧街道は現在の道路より距離がかなり長いことは予想通りであったが、現実に旧街道を辿ると想定外のことに出くわした。先ず、アップダウンがきつかったこと。現在の20号線が、橋や切通し、トンネルでなだらかにされていることが良く分かると同時に、往事街道を通った人々の歩行は困難さを伴っていたことが痛感された。島崎藤村の「木曽路は全て山の中である」ではないが、甲斐路も、森林ではないものの、全て山の中であると言いたいくらいの山道で、登って下ってまた登るという道には参ったと言わざるを得なかった。自動車道路マップから勝手に想像していた「楽な歩み」の思いは打ち砕かれ、歩き終わってみると、今回は総歩行距離12㎞程度で、これまでの全3回のウォーキングに比べて4㎞以上短いにも拘わらず、最も負荷が高かったという印象である。次に、旧街道の道筋に分かり難いところがかなりあり、道探しに余分な時間を要した。20号線という目印があるので行く先を失うというようなことはなかったが、行き過ぎて戻ったり、先遣隊を出して道を探ったりは2度3度でなかった。ガイドブックもこうした事柄にきめ細かく対応出来ていなく、あれやこれやで、当初計画では2時半頃の上野原駅終着の予定が、1時間遅れとなった。
東久留米に帰着後、男性陣で恒例の打ち上げを行い、解散。          部会長 東海俊孝記
与瀬の慈眼寺門前諏訪関跡_境川橋近傍旧甲州街道碑_上野原手前IMG_0843IMG_0844

ウォーキング&山歩き(第63回)11月20日 天覧山、多峯主山、吾妻峡

-

晩秋に、今年一番の冷え込みとなった為か、いつもに比べて寂しい9名(内女性1名)の参加となった。西武池袋線終点の飯能駅から出発、市の中心地、銀座通りを歩き天覧山に向かう。月曜日の朝ということを割り引いても、扉を閉ざした建物が多い地方都市の繁華街を歩いて行く内に、白い象で知られる古刹・観音寺を過ぎ、天覧山の麓の古刹・能仁寺に至る。能仁寺は予定では通り過ぎるだけでしたが、折からの紅葉が素晴らしく、急遽境内での紅葉狩りと洒落込みました。「このたびは幣(ぬさ)も取りあへず手向(たむけ)け山 紅葉の錦神のまにまに」(菅家、古今集)。道真が京都から奈良へ越えた峠の紅葉の美しさに心打たれた故事を百人一首から思いを馳せ、我々も一時、紅い風景に浸っておりました。
天覧山は、埼玉県飯能市の北西部にある丘陵である。もとは、愛宕山と呼ばれたが、明治16年山麓で行なわれた近衛兵春季小演習を明治天皇がこの山頂から統監したことにより、天覧山と呼ばれるようになり、行幸記念碑が建てられている。標高は195メートルで容易く登ることが出来る上、頂上からの眺望が良く、飯能市街が一望でき、奥武蔵や奥多摩の山々に加え、富士山も見えると言われている。(この日は残念ながら見えなかった)南面や頂上では、近年NHKの「ブラタモリ」でお馴染みの、秩父中・古生層(約4億~1億数千万年前)の地層・チャートの露出が見られ、遠い昔はこの地が海底であったという大地の大変動を身近に感じた。徳川五代将軍綱吉の生母・桂昌院が寄進という羅漢(悟りをひらいた高僧)像に見守られているような雰囲気の中、頂上に至った。
多峰主山(とうのすやま)は天覧山の西側に位置し、標高271m、天覧山とセットで歩くハイキングコースとして人気が高い。標高の割には眺望がよく、天覧山に続く丘陵や飯能市街、周囲の龍崖山(246m)や日和田山(305m)の眺望が楽しめるが、更に西武ドーム球場、さいたま新都心や東京スカイツリーなど都心部、遠くは筑波山、関東平野を一望できるという宣伝文句は、霞んだ風景に想像するだけであった。天覧山から一旦下って再び登る坂は「見返り坂」と呼ばれ、その昔源義経の母・常盤御前が、あまりの景色の良さに振り返りながら登った故事から名が付いているが、現在では成長した植林の中に埋没し、往事を偲ぶことは出来なかった。見返り坂の付近では、牧野富太郎博士により新種の笹が発見され、「ハンノウザサ(飯能笹)」と名付けられた埼玉県指定天然記念物の笹が、保護されながら道の両側で丈の低い藪をなしていた。
山頂には1万2千個もの経文を書いた石が埋められていると言われる経塚があり、かなりの広さにベンチも用意されており、三々五々に昼食とした。寒暖計は多少の日差しの中の真昼に8°Cを指していたが、歩くのを止めた為に風の冷たさが身に沁み、手軽な2つの山歩きは、早々に下山を余儀なくされた。
山頂近くの御嶽八幡神社を経てその参道を下り、吾妻峡へ進んだ。入間川にかかる岩根橋を境に上流が吾妻峡、下流が飯能河原。吾妻峡は奇岩が続き、渓谷美を見せており、石を点々と置いた橋「ドレミファ橋」は、手すりなどなく、注意して一歩一歩対岸へ渡った。ここで二手に別れた。
選択肢1:川に沿った遊歩道は一部しか整備されておらず、石や岩の足場の悪いところを歩くが、景色は最高。渓谷美に包まれて、赤岩、兎岩、汽車渕などを鑑賞しながら、普段味わえぬ一時を楽しんだ。
選択肢2:河原から上がって県道に出て直ぐ、聖徳太子を祀る「八耳堂」(はちじどう)と、鎌倉時代に建てられた「軍荼利神社」(ぐんだりじんじゃ)を訪れた。両者共、説明の表示も行き届かず、訪れる人も少ない、ほったらかしの、廃屋の感を禁じ得なかった。
両者共に、「中平河原」で合流し、飯能駅まで歩き、駅近くの中国人経営の中華料理店での打ち上げで、今回を締め括った。
ところで、明治の末に、我が早稲田大学の学生であった若山牧水は「幾山河越えさり行かば寂しさの果てなむ国ぞ今日も旅ゆく」と詠んでいますが、「山のあなたの空遠く幸ひ住むと人のいう—–」(ブッセ・上田敏)といった若き日の憂いは遠い昔のこととして、この日のような気楽な山歩き(一般に初心者向けとされるコース)を楽しむことを、今後も続けていきたいと思っていますので、多くの会員とご家族のご参加をお待ち致します。                
部会長:東海俊孝記
能仁寺山門にて

能仁寺山門浦の紅葉

天覧山頂上

多峯主山山頂

ドレミファ橋2

1 / 41234