ウォーキング&山歩き部会 第62回9月11日 板橋宿、とげぬき地蔵、六義園

-

夏の猛暑に衰えがない9月11日(月)、18名(内女性6名)の参加を得て行った。
中山道は、江戸時代の五街道(江戸・日本橋を起点に伸びる東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の一つで、京都と内陸経由で結び、東海道よりも約40km長く、宿場も16宿多い。中山道板橋宿は江戸四宿の一つで、品川宿:東海道、千住宿:奥州街道、内藤新宿:甲州街道と共に繁栄していた。
都営地下鉄三田線の板橋本町駅からウォーキングを開始。現在の中山道は2車線の自動車道路で上部に首都高が走っている。この現代の道路と僅かに隔てて旧中山道が「通り」として残っているが、街並みは全く現代風の建物が並び、往事を偲ぶべくもない。これも東京が大都会として発展してきた過程を物語っているのであろうが、少し寂しい思いも禁じ得なかった。その「通り」があることだけが、かって中山道板橋宿として栄えた名残となっているだけで、本陣はスーパーマーケット、脇本陣はマンションとなり、それらがあったことを示す表示が見落としがちな形で設置されていた。形があるものとしては、板橋宿の名の由来である石神井川に掛けられた「橋」と、縁切りの願いに霊験あらたかな「縁切榎」だけが、僅かに残っていた。そんな中でも、往事の想像も含めて板橋宿の「通り」を楽しんで歩いている内に、1㎞半余りは通り過ぎていた。
次にJR板橋駅前にある近藤勇の供養塔(墓)に立ち寄った。鳥羽伏見の戦いで敗れた新選組は、紆余曲折ののち流山へ辿り着き、近藤勇は潔く自刃しようとするが土方が止め、新政府軍に投降し、新政府軍の本営があった板橋宿へと連行された。慶応四年(1868年)、近藤勇は板橋宿の刑場で斬首され、首級は京に運ばれて三条河原に晒され、胴体はこの地に埋葬されたと言われている。司馬文学の新選組血風録に描かれた英雄の起伏の生涯が、当時の時代潮流の中で輝きを見せた一瞬に思いを馳せた。
更に旧中山道を日本橋方面に遡り、都電荒川線の庚申塚停留場を過ぎ、地蔵通り商店街の入口にある小さな神社、猿田彦大神に参った。庚申信仰に基づき、古くは中山道板橋宿の一つ手前の立て場(宿場と宿場の間の休憩所)であり、大いに賑わったという。サルタヒコは、日本神話に登場する神で、天孫降臨の際に、天照大神に遣わされた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した国津神であり、伊勢国五十鈴川の畔に鎮座したとされ、中世には庚申信仰や道祖神と結びついた。現在までに伝わる庚申信仰とは、中国の道教に、仏教、特に密教・神道・修験道・呪術的な医学や、日本の民間のさまざまな信仰や習俗などが複雑に絡み合った複合信仰であることを、神社に掲げられた説明分より学んだ。
お昼頃、漸く「とげぬき地蔵」のある高岩寺に着いた。本尊の地蔵菩薩像は秘仏につき非公開であり、本尊の姿を刷った御影(おみかげ、小さな和紙に地蔵菩薩立像が描かれている)に祈願・またはその札を水などと共に飲むなどして、病気平癒に効験があるとされる。境内には「とげぬき地蔵の由来」として、効験に関わる昔の出来事が掲げられてあり、興味深く読んだ。この場所で、暫し散会し、各自分散して付近の食堂で思い思いの昼食をとった。名物の塩大福を求めた方も散見された。
ここから30分弱歩いて六義園(りくぎえん)を訪ねた。徳川五代将軍・綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園として有名である。明治になり三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が六義園を購入、維新後荒れたままになっていた庭園に大幅な整備を施し、昭和13年には東京市に寄贈した。六義園は花も有名で、弥生の枝垂桜、皐月の躑躅は特筆されている。今回は残念ながら花の季節に外れたが、本来の景観を楽しむべく1時間余りの自由散策とし、各自それぞれ広い庭園に散ってその壮大且つ繊細な美しさを満喫した。
注:「六義園」の名称は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来する。
駒込駅から帰途につき、東久留米で多くの有志が参加して、恒例の打ち上げを行った。                  部会長:東海俊孝記
中山道始まり部分の広場_IMG_0655板橋にて_IMG_0656近藤勇の慰霊碑_IMG_0659六義園_IMG_0661六義園_IMG_0671

ウォーキング&山歩き部会 第61回 【小峰公園と秋川コース】

-

7月10日(月)、気象庁による梅雨明け宣言が未だ出ていないのに連日の猛暑続で、当初の目算である「梅雨の晴れ間の爽快な気分を味わう」が全く外れてしまいましたが、この時期としては多い15名(内女性6名)の参加を得て、林道の涼風に包まれて森林浴をしながらのハイキングという目論見を、JRの終着駅武蔵五日市から始めた。綺麗な内装の駅を出てバスが通る広い坂道を1.7㎞歩き、あきるの市留原地区で共同の草刈場として古くから利用されていた山林に作られた「小峰ふれあい自然郷」(8.2㌶、都立小峰公園)を訪れた。入口のビジターセンターで公園の展示を観ながら小休止。真夏の遮蔽物のない道路での歩行を少し味わって、これから歩む公園の樹間の尾根道と、広徳寺まで続く林道迄は良いとして、それを抜けた後の駅までの帰路の酷暑が心配になった次第。(閑話休題:中国の太古の伝説によれば、10個の太陽が1個づつ日替わりで天に昇っていた。堯(ぎょう)帝の時代に10個が一度に出現し、灼熱で草木は枯れた。堯の命を受けた弓の名人羿(げい)が9個の太陽を射落とし、人々を救った。10日=10個の太陽、という期日設定が悪かったと、主宰者として反省至極)
公園内では、八坂神社➡庚申塔➡馬頭観音➡最高地点336mへ、1.2㎞の距離で標高差130mを登った。この間、階段を含む急坂もあったが、樹間をそよぐ涼風が心地よく、休憩をとりつつ皆難なく登頂し、木立の下の狭いが涼しい道端で昼食を広げた。
午後は公園の頂上から園外に出て、木々の間にそよぐ涼風を浴びながら1.7㎞のなだらかな林道を下り、南北朝時代開山の禅刹、広徳寺を訪ねた。我々以外に訪れる者が殆どいない閑静な山の麓に、古色蒼然として歴史を感じさせる山門や本堂が、数本の銀杏の巨木に抱かれて佇んでいた。場所と時代は異なるが、「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」と芭蕉が詠んだ出羽国立石寺の風景が、訪れたこともないのに頭をよぎった。境内には、都が天然記念物に指定した「タラヨウ」(中国の暖帯、日本では東海以西に分布する高木の常緑樹)と「カヤ」の巨木も茂っており、五日市の古刹を讃えているかのようであった。
広徳寺から武蔵五日市駅迄の帰路2キロ半は、午前中での危惧の通り酷暑の洗礼に苛まれてしまった。途中、阿伎留神社に詣でたが、普段なら手こずらないであろう秋川河畔から神社境内に登る坂道が非常にきつく感じられた。大半の参加者がここまでに飲み水を切らせており、その後漸く駅に至る大きな道路に出て飲料の自販機に出会って喉を潤したという、普段はしない経験をさせてしまい、反省!
帰路は朝とは逆にJR五日市線を拝島で乗り換え、西武の各線を乗り継いで東久留米に戻り、恒例の打ち上げとなった。駅前のファミレスで、酷暑を凌いだ本日の参加者ほぼ全員の参加を得て、盛り上がっていた。                  東海俊孝記
IMG_0639

IMG_0642

IMG_0643

IMG_0648

ウォーキング部会/散策山歩きの会 第60回 森林公園 H29.5.22

-

ウオーキング部会/散策山歩きの会  第60回 武蔵丘陵森林公園ウオーキング 活動報告

 5月22日14名が東久留米駅改札に9時集合し、森林公園駅へと出発。
予定時刻森林公園の西口に着いてウオーキングを開始したのは10時50分、好天に恵まれまさに薫風香る・・・。皆さん日頃の心がけが良いようで。
 小鳥たちや春蝉の鳴き声を聞きながら森の中の遊歩道(と言っても園内の循環バスや
メンテのトラックが通れる程広い舗装道路)を歩く。子供たちが水遊び出来る渓流広場を
横に見て30分程進むとなだらかな左斜面にルピナスの群落が現れ緑の中の極彩色。
近くの植物園展示棟で小休止、売店のソフトクリームは450円だがコスパは?であった。
 さて出発、ハーブガーデンへ、身近な草花もハーブの仲間であることを知ってビックリ
したのは筆者だけかも。生垣園を横目で見て道の両側にあるボーダー花壇の花々を愛でながら進み花壇の途切れたところでUターンする。ここから昼食の場である中央レストランへ向かうのだが、途中で、直行グループと寄り道グループとに別れる。寄り道グループは大きな彫刻が展示(設置)してある彫刻広場を通り、メタセコイアなど珍しい針葉樹が植えられている針葉樹園を抜け中央レストランへ着いた。一方直行グループは寄り道グループが着いた時にはすでに到着して食事が始まっていた。 昼食は持参の方もそうでない方もビール付きが多かったようで。
 昼食後、14時半に南口集合として、それまで自由行動となり、13時に三々五々出発。
途中行方不明になりかけた?御仁もありましたが、定刻までに全員集合。南口から森林公園駅まで3km程だが誰一人「歩く!」と言う人はおらず、と言うことは皆さん結構歩いたんですね。その後川上さんご紹介の川越市駅と本川越駅の中程にある居酒屋で打ち上げとなった次第。(別処尚志 記)

西口入口広場

木陰の道にて

植物園展示棟入口:数人

森林公園駅前:数人

ウォーキング部会&散策山歩きの会 日和田山、巾着田の花見

-

<ウォーキング部会> 第59回 日和田山ハイキング、巾着田で花見 活動報告

4月5日(水)。山登りと花見、浩然の気を養ってくれた一日でした。
天気に恵まれ、14名(内女性4名)の参加を得て、先ずは西武秩父線高麗駅から1㎞程度の登山口から、日和田山(海抜305m)に向かい高低差200mのちょっとした登山に挑みました。登り始めて30~40分で木立を抜け眺望の素晴らしい金毘羅神社に到達。80歳台のお二方を含む全員が頑張って着いたこの地からは、眼下に今日これから花見を予定している巾着田を見下ろし、心地よい日差しとそよ風を浴びて暫し仙人の気分に浸っていました。景色の案内板には遠く丹沢や富士山を望む写真が掲げられていましたが、春霞に遮られていたのは残念でした。「花は盛りに月は隈なきをのみを見るものかわ」との徒然草の一節が過ぎり、霞んだ風景にフランス印象派の絵画を何となく思ったのは負け惜しみでしたでしょうか。頂上までここから往復15分程度更なる汗をかいてきました。
日和田山から下山すると、直ぐそこは秋の彼岸花で有名な巾着田です。今回の季節では桜と菜の花を売り物にしているのですが、桜は東久留米と同じで、今年は例年より10日程度遅いようで、概ねが3分咲きの中で、漸く7~8分咲きの場所を見付けて筵を広げ、何とか花見と洒落込むことが出来ました。花の下では普通の酒を美酒にし、コンビニ弁当を御馳走と化してくれ、皆さん一緒に「花と団子」の両方を楽しんだ次第です。また、染井吉野とは風情が異なっていたでしょうが、「行き暮れて木の下陰を宿とせば、花や今宵の主ならまし」と詠んだ古人(平忠度)を思い遣らせてくれた一時でもありました。
(菜の花:巾着田以外の場所では此処彼処で黄色く彩っていましたが、8日と9日が菜の花祭りというポスターの下でも肝心の巾着田は全く駄目でした。)
帰りの途上、近年になり公開され始めた古民家を見学。土地の庄屋を務めた人の家で、江戸時代に建てられた建物に明治以降改築と増築が行われたとのことでしたが、小さな我が家からは想像が出来ない広さと部屋数、天上の高さ、手の込んだ建具等々、民家というイメージからは到底測ることの出来ない贅沢さに、唯々目を見張ってきました。
東久留米駅に戻り、恒例の打ち上げを行いました。            東海俊孝記

巾着田にて昼食_0441

古民家にて_0447高麗駅前 IMG_0433

日和田山山頂_0438

日和田山からの眺め_1 _ 0416

日和田山を望む_0444

第57回ウォーキング:明治神宮、新宿御苑、神宮外苑(豪華な菊花展と銀杏並木)

-

日時:11月14日(月)参加者13名(男7、女6)
東京のど真ん中で、異次元を錯覚させる森林、庭園を散策し、併せて折から開催中の菊花展を堪能した。
歩き始めの地、原宿駅から山の手線を跨ぐと鳥居があり、そこからの南参道は、これが大都会東京かと思わせてくれる森閑とした境内が始まる。明治神宮は、初詣で日本一の参拝者数を集めることで知られているが、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、鬱蒼と茂った緑滴る常盤の森は、大正9年11月の明治神宮鎮座にあたり全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林であり、面積約70万㎡という。自然の懐に取り込まれて行く気持ちに浸りながら参道を進み大鳥居を曲がると、正参道両側に、様々な形に仕立てられ丹精された、数々の品種の菊の花が展示されていた。午後の新宿御苑の菊花展の前座と言っては失礼ながら、足を止め、花を愛でて、社殿を参拝した。ところで、社殿前の広場にいる多くの人達が半数以上は外国人であったことには驚いた。彼らにもこの森の雰囲気を分かってもらえるのだろうか、我々がバチカンやノートルダム大聖堂を訪れた時と同じようなものか、観光とは言え何かいぶかしさを禁じ得なかった。
神社本庁を過ぎ、北参道入口から出て、裏小路を巡り新宿御苑千駄ヶ谷門へと歩みを進める。江戸時代には信濃高遠藩内藤家の下屋敷であったという、日本庭園、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園からなる周囲3.5㎞の広大な庭園には、樹木の数は1万本を超えるという。新宿という都会の喧騒の中のオアシスに一息ついて、持参の弁当を開いたが、御苑の規則によりアルコール禁止というのが残念であった。
皇室伝統の技法を受け継ぐ新宿御苑菊花壇展が明日で終了という日に、日本庭園を巡りながら各所に設けられた花壇をじっくりと鑑賞した。色とりどりに数多の品種を揃えて、一本仕立て、三本仕立てに始まる様々に仕立てられた菊花には、素晴らしいという以外の形容を思い付かなかった。特に全面の花が一斉に咲く懸崖、1本の茎から仕立てる千輪作りには、どのようにして作るのだろうかという育てる人の苦心も想像しつつ、日本の秋を彩る代表的風物詩を満喫した。
「菊作り 汝は菊の 奴かな」(与謝蕪村)   「生き返る われ嬉しさよ 菊の秋」(夏目漱石) 
「色かはる 秋の菊をばひととせに ふたたびにほふ 花とこそ見れ」(よみ人しらず 古今和歌集)
菊の後は、イギリス庭園を散策しながらフランス庭園に向かい、花色が春より深みを増し香りが良いという秋バラの咲く庭を訪ねた。それも良かったが、フランス庭園の両側にある鈴懸(プラタナス)の並木の紅葉(こうよう)に心奪われた。遠近法でどこまでも続く画面一杯で迫る紅葉(こうよう)に、紅葉(もみじ)のそれとは異なるフランス印象派の絵画に入り込んだような感覚に暫し酔い痴れていた中で、一世代昔の鈴木章治が奏でるスイングジャズのクラリネットが頭の中に響いていた。
千駄ヶ谷駅を過ぎて、かっての国立競技場が平地になった脇を通り、神宮外苑を散策しながら銀杏並木を経て帰路の青山一丁目駅を目指した。銀杏並木の紅葉(黄葉?)は始まったばかりというところで、残念ながら並木道全体が落ち葉の絨毯を含めて黄色に染まるという状況に浸ることは出来なかったが、その雰囲気を多少なりと想像する程度には黄色く染まっている並木を辿って帰路についた。
東久留米に戻り、例によって打ち上げに興じたが、「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」(若山牧水)というのも良かった、と翌朝思った。          ウォーキング部会長 東海俊孝記

明治神宮社殿前_補正

IMG_0367

IMG_0366

御苑菊花壇展の前で_補正

IMG_0381

2 / 41234