ウォーキング部会&散策山歩きの会 日和田山、巾着田の花見

-

<ウォーキング部会> 第59回 日和田山ハイキング、巾着田で花見 活動報告

4月5日(水)。山登りと花見、浩然の気を養ってくれた一日でした。
天気に恵まれ、14名(内女性4名)の参加を得て、先ずは西武秩父線高麗駅から1㎞程度の登山口から、日和田山(海抜305m)に向かい高低差200mのちょっとした登山に挑みました。登り始めて30~40分で木立を抜け眺望の素晴らしい金毘羅神社に到達。80歳台のお二方を含む全員が頑張って着いたこの地からは、眼下に今日これから花見を予定している巾着田を見下ろし、心地よい日差しとそよ風を浴びて暫し仙人の気分に浸っていました。景色の案内板には遠く丹沢や富士山を望む写真が掲げられていましたが、春霞に遮られていたのは残念でした。「花は盛りに月は隈なきをのみを見るものかわ」との徒然草の一節が過ぎり、霞んだ風景にフランス印象派の絵画を何となく思ったのは負け惜しみでしたでしょうか。頂上までここから往復15分程度更なる汗をかいてきました。
日和田山から下山すると、直ぐそこは秋の彼岸花で有名な巾着田です。今回の季節では桜と菜の花を売り物にしているのですが、桜は東久留米と同じで、今年は例年より10日程度遅いようで、概ねが3分咲きの中で、漸く7~8分咲きの場所を見付けて筵を広げ、何とか花見と洒落込むことが出来ました。花の下では普通の酒を美酒にし、コンビニ弁当を御馳走と化してくれ、皆さん一緒に「花と団子」の両方を楽しんだ次第です。また、染井吉野とは風情が異なっていたでしょうが、「行き暮れて木の下陰を宿とせば、花や今宵の主ならまし」と詠んだ古人(平忠度)を思い遣らせてくれた一時でもありました。
(菜の花:巾着田以外の場所では此処彼処で黄色く彩っていましたが、8日と9日が菜の花祭りというポスターの下でも肝心の巾着田は全く駄目でした。)
帰りの途上、近年になり公開され始めた古民家を見学。土地の庄屋を務めた人の家で、江戸時代に建てられた建物に明治以降改築と増築が行われたとのことでしたが、小さな我が家からは想像が出来ない広さと部屋数、天上の高さ、手の込んだ建具等々、民家というイメージからは到底測ることの出来ない贅沢さに、唯々目を見張ってきました。
東久留米駅に戻り、恒例の打ち上げを行いました。            東海俊孝記

巾着田にて昼食_0441

古民家にて_0447高麗駅前 IMG_0433

日和田山山頂_0438

日和田山からの眺め_1 _ 0416

日和田山を望む_0444

ウォーキング&散策山歩きの会 第60回森林公園

-

     ウォーキング(第60回)&散策山歩きの会        
             【国営武蔵丘陵森林公園】

日時:5月22日(月)9:00東久留米駅改札口集合 *雨天延期:29日(月)
            ★事前に参加の連絡をして戴けると、運営上助かります。

交通:東久留米 9:07発 → 所沢9:16着、9:21発(西武新宿線)→ 本川越9:42着 → 徒歩→
川越市9:57発(東武東上線)→森林公園駅10:20着 バス10:35発→公園西口着10:45
   ☆東久留米駅以外から参加の方は事前にご連絡下さい!

費用:参加費  300円(繰越金が底をついてきたので、元に戻します)
   他経費 2,120円 =電車1,400円+バス510円+入園料210円←65歳以上(一般:410円)
                           ↑年齢の証明を求められる場合がある

公園:東京ドーム65個分という広さ。北口から南口までの距離でも5㎞以上あり、ウォーキングにはうってつけ。メインの舗装道路を歩く限りではなだらかだが、天然の丘陵を活用しているので、森中の道を選ぶ方は想像以上のアップダウンに出会う。トイレや救護施設、自動販売機、レストラン(食事750~950円、ビールあり)など整備されている。公園内ではさまざまな季節の植物を楽しめる。
   <ウォーキングの予定>
    西口からメインの舗装道路をゆったり歩き、植物園展示棟を中心にハーブガーデン、日本一のボーダー花壇等を訪れ、さまざまな季節の花やその他の植物を楽しむ。その後中央レストランにて昼食。(弁当持参の方もOKです。ビールは入口の売店とレストランで購入できる。)
    昼食後は、自由散策。森林の道も楽しめます。最終的には南口入口に集合、バスにて森林公園駅へ。
    (森林公園駅と南口は約3㎞です。健脚の方は歩きも可。)

連絡先:東海俊孝 電話472 – 8566  (e-mail) toshi-tokai@kvj.biglobe.ne.jp
別処尚志 電話475 – 1710  (e-mail) t_bessyo@jcom.zaq.ne.jp
●e-mailを使える方は、e-mailでお知らせ下さい。

今後の予定: 7月10日(月)小峰公園と秋川コース(武蔵五日市駅スタート)
       9月11日(月)都内の散策(場所未定、ご希望があればご連絡下さい)
      11月20日(月)天覧山、多峯主山(とうのすやま)(飯能駅スタート)
★紅葉の状況次第で日程変更あり

以上

                      

東稲ニュース№94 アップしました

-

東稲ニュース94号

第59回ウォーキング 散策・山歩きの会合同 日和田山&巾着田(桜の花見) 

-

   ウォーキング(第59回)   散策・山歩きの会合同開催

日和田山ハイキング、巾着田に下りて花見(桜・菜の花を愛でる)
   
日時:4月5日(水)     
   集合: 9 : 10 a.m. 東久留米駅改札口 ☆途中参加の方は事前に連絡を!  
      東久留米 9:19発準急飯能行 → 所沢9:30発 → 飯能乗換10:02発 → 高麗10:08着
(ひばりヶ丘9:17発)  *前方の車両に乗車予定

歩行距離:高麗駅から1㎞程度で日和田山(海抜305m)登山口に到着
登山(高低差200m以下の軽いハイキング)の後、同じ登山口へ下り、
直ぐに巾着田に着く。桜と菜の花を巡り自由散策。
*昼食は、日和田山山頂or巾着田
★地面に敷くブルーシートがあれば、ご持参下さい。

昼食の手当てが出来る所:日和田山までは、高麗駅から出て途中にコンビニ1店。
            下山後、巾着田付近にセブンイレブンがある。     
費用: 参加費100円、現地で乾杯の場合は追加徴収
その他負担:交通費(370円×2=740円)、食事代等

連絡先:東海俊孝 電話473 – 8566  e-mail toshi-tokai@kvj.biglobe.ne.jp
別処尚志 電話475 – 1710  e-mail t_bessyo@jcom.zaq.ne.jp

今後の予定: 未定 (希望があればお寄せ下さい)
以上

高麗(こま)の歴史:高句(こうく)麗(り)は紀元前37年頃から約700年間、中国東北部から朝鮮半島北部にかけて栄えた。
その間の長い時間に多くの高句麗人が日本各地に渡来した。続日本紀によれば、716年、
大和朝廷は関東一円に住んでいた1799人の高麗人(こまひと)を集め、武蔵国に高麗郡(こまぐん)を設置、
高句麗王族の高麗(こまの)王(こきし)若光(じゃっこう)を初代郡司とした。爾来、明治29年に入間郡に編入される迄、
高麗郡は1200年間続いた。

                      

第58回ウォーキング 越生梅林 H29.2.27

-

 第58回ウォーキング(H29.2.27)活動報告
ウォーキングの1週間程前の天気予報は27日だけが雨とのことだった(前後1週間以上晴なのに)。実施出来るか気を揉んできて、2~3日前に雨の予報がなくなり安堵したが、当日には主催者でありながら集合時間を誤り、何とか1電車遅れて皆さんに追いつくことが出来たという失態を演じてしまい、反省至極の中でウォーキングが始まりました。
参加総数16名(男12、女4)と、季節柄予想を上回る参加を戴きました。
さて、「越生」は「おごせ」と読む難読地名であり、その由来は諸説あるものの、この地が関東平野の西端で秩父山地に接しているために秩父地方との往来は尾根を越していかねばならず、その「尾根越し(おねごし)」が「尾越し(おごし)」となり、それがやがて「おごせ」と変化したと言われている。町土の約7割が山地となっている町であり、人口は12千人弱。東久留米からは、西武新宿線、東武東上線、東武越生線を乗り継いで漸く越生に着く。越生梅林は更に越生駅から徒歩約4kmにあり、折からの暖かな日差しの中、途中の道路の両脇にも多くの梅の花が我等を迎えてくれており、それらの前座を楽しみながら、ゆっくりとウォーキングを進めた。
梅園は、南北朝時代に武蔵国小杉村に大宰府より天満宮を分祀する(梅園神社)際に梅を植えたのが起源という。一帯では2万本程の梅が栽培されているとのことで、越生梅林はその中にある「梅まつり」が行われる約2haの広さの土地をいう。越生野梅などの保存古木を始め、約1000本の梅が花の盛りにあった。大半は白梅である中に三々五々咲く紅梅の赤さには眼を引かれると共に何故か心温まるものがあった。今の世で花と言えば染井吉野に代表される華やかな桜をイメージするが、平安の昔に花と言えば梅を意味したと言う。小倉百人一首でも有名な「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」(紀貫之)と詠われた花が花垣として連なり、辺り一面、目の当たりに咲いていたことの感慨は深かった。西行の時代には桜が詠われるようになっていたが、満開の桜を愛でることに比べると、一方において、「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」(嵐雪)のような楽しみ方も、個々に花を観ると分かるような気がした。昼食時に、ここへの途上にある醸造所で購った「越生梅林」という純米吟醸を皆で回し飲みしたが、桜の花見の際の感じとはなんとなく違っていたのは、早春という季節の相違の所為だけであろうか。
帰路に立ち寄った観光案内所で買った梅干しは予想に違わず酸っぱさ格別であった。東久留米に帰り、恒例の打ち上げで喉を潤した。 
東海俊孝記

IMG_0399_全体写真

1 / 812345...最後 »