挨拶

武蔵野の面影が色濃く残るこの東久留米。春夏秋冬、早朝より散歩する人が絶えない黒目川、落合川の散歩道、そして湧水量豊富な清流。その恵まれた自然のなかで「東久留米稲門会」は二十年余の年輪を刻んでまいりました。
「会員相互の親睦および啓発をはかるとともに、母校早稲田大学および東久留米市の発展に寄与することを目的にする。」という理念のもとに、日々活動を続けております。
サークル活動として、さまざまに活動を行っている十五ある「部会」と共に年に3回、会員が集う懇親会が開かれております。
「第二の青春」を「東久留米稲門会」で過ごしませんか。将来の夢を語り合いませんか。
稲門会を地元での仲間作りの場として、ぜひご活用ください。