東稲ニュース№89 アップしました

-

東稲ニュース89号

東稲ニュース№89 アップしました

-

第52回ウォーキング(H28.1.28 宝登山)の活動報告

-

本格的な冬将軍の到来により厳しい寒さに凍ついた日々が続いていた中、ぽっかりと一日だけ開いた、春の訪れを先取りしたような、風もなく澄み渡った青空の下の暖かい日和に恵まれて、我々一行11名(女4名、男7名)は秩父盆地の長瀞駅からさほど遠くない宝登山のケーブルカーの乗客となりました。
標高497mの山頂周辺には、約15,000㎡の敷地に3,000本の蝋梅が咲き乱れていました。庭先に一、二本咲いている蝋梅もそれなりに愛でることができますが、このような黄色の群落には、次元が異なる「素晴らしい!」という感慨が沸き起こり、胡蝶の夢に迷い込んだような思いに浸っていました。素心蝋梅、和蝋梅、満月蝋梅の3種類の蝋梅がそれぞれの装いを込めて咲き誇っていました。除雪されて多少ぬかるみの残る緩やかな登り道を辿ると、小さな黄色い花をいっぱいにつけた木々に我が身が覆われて、青空を背景にして黄色い光の底に沈んだような感覚に囚われていました。蝋梅は香りを撒き散らす花ではありませんが、花に顔を近付けると何とも言えない馥郁とした香りを楽しむことができました。
蝋梅園に隣接した梅園は未だ時季が早く、一部の紅梅が花をつけ始めたところでした。
宝登山山頂からは、真っ白に覆われた秩父の街並みを眼下にし、秩父のシンボルである武甲山、そして秩父盆地を取り巻く山々の中に、遠く両神山を望むことができました。
宝登山神社は、麓に壮麗な本宮、山頂には奥宮が祀られており、これらを参拝しました。第12代景行天皇の命による日本武尊の東国平定物語に神社の由来があります。尊が猛火に包まれて進退窮まった際に、大山祇神の神犬が火を消すことにより助けられたことから、防火守護の霊験がある火止山(ほどさん)神社が建立され、その後宝登山神社になったとのことです。
秩父鉄道の時間待ちを利用して、近くの「岩畳」を訪れました。2億年前に遡るジュラ期に海底下数十㎞で生成された岩石が変成作用を受けた後に隆起し、結晶片岩として地表に表出した扁平な岩石の連なりを二の足で踏みしめてきました。現在に生きている我々が、遥かな昔に思いを馳せながら、素晴らしい自然の産物、造物主の贈り物を鑑賞しました。
東久留米に戻り、例によって、打ち上げで締め括りました。        東海俊孝記

IMG_ウォーキング宝登山記念写真_H28.1.28

第53回ウォーキング(H28.4.1)多摩湖自転車道路、小金井公園

-

ウォーキング(第53回)桜のトンネル(多摩湖自転車道路)を歩き小金井公園で花見

4月1日天気は曇り、9時15分に東久留米駅改札口に集まったのは13名、途中久米川駅で2名、八坂駅付近で1名加わりました(計男9名、女6名)。久米川駅からは鯉が悠々と泳ぐ野火止用水に沿って10分程行くと八坂駅付近で多摩湖自転車道路へとでました。
ここで、多摩湖自転車道路について一言。村山貯水池(多摩湖)から東村山浄水場と境浄水場を経て和田堀給水所に至る水道道路のうち上流部分に該当します。自転車道路と云うだけあって、道幅は4M程で舗装され自転車通行部分と歩道に区分されています。
「桜のトンネル」という標題なので、さぞかしと期待しましたが、途中の萩山駅までは
ソメイヨシノはまばらで開花の遅い山桜も多く、やや期待はずれでありました。自転車道路の脇にはいたる所に小規模ながら公園が整備されて随時休憩出来、楽なウォーキングでありました。小平駅を過ぎるとまさに「満開の桜並木」となり、多くの人が花見しなが歩くので、人や自転車とぶつかりそうになることも。
花小金井駅近くのコンビニで酒類を調達、花見会場である小金井公園へ更に自転車道路を
進みます。しばらく行くと小金井公園の案内板があり、そこを右折し、小金井カントリークラブを右に公園を左にみながら進むと小金井公園のほぼ中央部に到着、さらに江戸東京建物園の前を過ぎて花見の場所へ到着。花見は途中で充分堪能した?ので早速花より団子を開始、曇天と少々の風で、やや寒かったのでビールは早々に終えて、焼酎のお湯割りをグイグイと。1時間程花見(団子)を堪能してお開きとなりました。
公園の西口かバスに乗り東久留米へ、途中下車の人もあって流れ解散となり10人ほど東久留米駅前で打ち上げを行いウォーキングを終了しました。(別処尚志記)
IMG_0164 桜の下での宴会(全員)
IMG_0168 小金井公園にて

東稲ニュース№88 アップしました

-

東稲ニュース88号(平成28年5月)