東稲ニュース№90 アップしました

-

東稲ニュース90号

ウォーキング部会(第55回 H28.8.2)御岳渓谷遊歩道を歩く

-

活動報告
ウォーキング部会(第55回)御岳渓谷遊歩道を歩く “盛夏に涼を求めて”

当初予定の7月26日(火)は、1週間前までの天気予報は良かったのですが、期近になるに従って憂鬱になり、結局1週間後の8月2日(火)の実施となりました。今回は、散策山歩き部会との最初の合同開催ということもあり、あちこちを捜してそれにふさわしい良い場所を選んだと思っており、多くの参加者を期待しておりました。当日の天候は曇りで、懸念していた猛暑もなく多摩川に沿った渓谷のウォーキングには絶好の天候でしたが、当初予定から期日がずれてしまった影響は大きく、参加者5名と通常に比べて1/3という寂しいことになったのが残念でした。
JR軍畑(いくさばた)駅から青梅街道に沿って200mくらい上流に向かって歩き、御岳渓谷遊歩道入口から川沿いの遊歩道に下りました。この辺りは多摩川の上流域ですが、折からの雨続きで水量豊富な上に、川底まで透き通って見える清流は見た目にも涼しく、それに沿って歩みを進めることの爽やかさは、街中のチリ芥、喧騒等はどこの世界のことかと忘れさせてくれました。鮎釣りの太公望が点在していましたが終着迄釣り上げるところを見ることが出来ないまま、夏休みであろう、ラフティングでの川下りに興じる数グループの子供達に手を振りながら、整備された、木陰の道を上流へと辿りました。
楓橋に至り、その名のついた吊り橋を渡河しながら渓谷の絶景を堪能し、対岸の中国蘇州に関わりを持つ寒山寺を参拝。質素とも言えるお堂に、張継の「月落ち烏啼いて霜天に満つ—-」の碑が立派でした。橋を戻り、澤乃井の銘柄で有名なご当地小澤酒造の純米酒を贖い、昼食を使うべく河原に下りました。清流の水音と川面を渡る涼風を肴にして回し飲みした酒は格別のもので、大きな瓶でなかったこともあり瞬く間に各位の胃の腑に収りました。
当初予定では、更に上流の杣の小橋、神路橋までの歩きを計画していましたが、スマホが同時刻に都内が豪雨となっていることを伝えていることもあり、近くの御岳橋で打ち切ることとし、急坂を登ってJR御嶽駅から帰途につきました。打ち上げは、夕刻には間があることもあり、所沢で途中下車し、昼間から営業している然るべき店にて手仕舞いしました。
以上

全員写真河岸の木陰景色