『甲州街道を歩く』第9回(9月10日)JR笹子駅→新田下➡笹子峠➡JR甲斐大和

-

笹子峠(標高1,096m)は、甲州街道の江戸と下諏訪のほぼ中間の、黒野田宿と駒飼宿の間にあり、同街道の最大の難所と言われた。
【参考】甲州街道は、大正9年の旧道路法では大月から富士吉田を経由して御坂峠越えとなったが、昭和13年に峠の頂上のほぼ真下を貫く笹子隧道(全長:240m)が開通し、昭和27年の新道路法制定に伴い、国道20号として、御坂峠越えから再び笹子峠越えに変更された。昭和33年には新笹子隧道(トンネル)(全長:2,953m)が開通したことで、国道20号は笹子峠道を通らなくなり、峠道は県道日影笹子線とされた。
猛暑が漸く去った曇り空の下、総勢12名(男7、女5)は、街道の最難関に挑む思いを胸に、JR笹子駅から午前中1本しかないバスで新田下停留所に降り立った。笹子隧道に繋がる道は、今では通る車も殆どないが、狭いながらも舗装され整備されている。往事の甲州街道はこれとは別に、杉林の峠道として残っており、所々に倒木や道端の崩れもある坂道が続く、忘れられた感が否めない佇まいであった。我々は足拵えをしっかりとして山道に臨んだが、江戸時代の草鞋掛けの旅人は苦労したであろうことが偲ばれる難路であった。
途中、出陣の武者が矢を射立てて武運長久を祈ったという「矢立の杉」(山梨県指定天然記念物)で一服。笹子隧道入口付近で県道を横切り、熊出没の看板に、「誰が一番美味そうか」と軽口を叩きながら隧道の真上を目指して急坂を登ると、谷道となったところに笹子峠の道標が建っていた。両側の崖が迫る狭い道端の斜面を背にして、昼食をとりながら、甲州街道ウォーキングの初志成就が手の届く場所に近づいた感を強くした。
峠を越えると、長い下り坂が続いていた。先の台風による傷跡、倒木とがけ崩れで迂回を余儀なくされることもあったが、舗装道路の県道に合流し楽な歩行に移行した頃から、予報よりも早い雨に見舞われた。駒飼宿跡を過ぎる頃には本降りとなり、漸くこの日の目的地甲斐大和駅に辿り着いた。参加者全員が、終結時の雨を忘れさせてくれる、大きな達成感に包まれていた。
東久留米に戻り、全員が参加して笹子峠越え達成の祝杯を挙げた。部会長東海記
【参考】鉄道トンネル(中央本線):
1903年(明治36年)2月 大月-初鹿野(現・甲斐大和)間片側通行開業
1966年(昭和41年)12月新笹子トンネル開通、従来の笹子トンネルは下り列車専用、新笹子トンネルは上り列

ウォーキング&山歩き(甲州街道を歩く)部会活動報告 第8回(7月9日)初狩駅→白野→阿弥陀海道→バス停新田

-

前回の6月18日は、JR初狩駅から1㎞も行かない中初狩宿跡で降雨に見舞われて中止となったが、このことへのリベンジを果たした。
例年より早く訪れた今年の猛暑が辛うじて小康を保ってくれている中、総勢8名(男6、女2)で、初狩駅(標高460m)を出発し、笹子トンネルに向けて登り坂が続く国道20号線の狭い歩道を歩き始めた。3㎞程歩くと、白野宿跡(本陣、脇本陣、旅籠4軒:1843年の記録)辺りからは、国道を少し逸れて静かな旧街道を辿るようになり、ゆったりとした気分でウォーキングを楽しむことが出来た。1つの根本から3本の幹が聳える大杉や男女合体道祖神がある稲村神社で休息。隣接して、親鸞聖人が毒蛇になった娘を成仏させた故事に関わる念仏供養塚もあった。
再び国道に戻り、阿弥陀海道宿跡に入り(名前は奈良時代の名僧行基が自ら彫った阿弥陀如来を安置した堂を建てたことに由来する)、銘酒「笹一」で有名な大正8年創業の笹一酒造が経営する酒遊館に立ち寄った。展示物の見学、利き酒、軽食、酒や種々の土産物の購入等三々五々楽しんだ。ここから直ぐの距離にある笹子駅前(初狩駅の隣駅)を通過し、笹子峠を控えた3つの宿場で最大規模(本陣、脇本陣、旅籠14軒)の黒野田宿跡を過ぎると、国道20号の坂は一段と険しさを増して、笹子トンネルへと続く。我々は、トンネルに向かうカーブの所で左折し、更に登り坂を進んで、バス停新田(標高710m)に漸く辿り着いた。歩行距離約9㎞弱で250mを登った行程であった。停留所脇にある水路の水が、足を10秒と漬けていられない程冷たかったのが心に残った。
新田から、我々しか乗っていないバスで笹子駅に戻り、JRで帰路についた。
次は、いよいよ、今回のウォーキングで最大の山場、笹子峠越えに挑む。

☆8月6日に予定されていた第9回は、35度を超える連日の猛暑の為、9月10日に延期した。
部会長:東海俊孝記

稲村神社境内の道祖神

笹一酒造にて

白野宿跡にて

笹子駅前

ウォーキング&山歩き(甲州街道を歩く)6月18日白野、阿弥陀街道、新田

-

台風崩れの温帯低気圧の影響で午後から小雨の予報の中、総勢10名(男6、女4)の参加を得て、JR初狩駅を出発した。1㎞も行かない中初狩宿跡にある芭蕉の句碑「山賊(やまがつ)のおとがいとずる葎(むぐら)かな」の前で写真を撮っていると、予想より早く雨に見舞われ、国道20号沿の狭い歩道を行くことの危険と車の水飛沫を浴びる恐れから、残念ながら中止にした。東久留米出発時に中止も考えたものの、決断が出来なかったことを反省すると共に、参加者にお詫びします。7月9日(月)に再度挑戦致します。  部会長:東海俊孝記

中初狩宿跡、芭蕉の句碑
芭蕉の句碑

ウォーキング&山歩き(第66回)6月4日 水元公園、しばられ地蔵、柴又帝釈天

-

水元公園は、小合溜(こあいだめ)という水害防止及び灌漑用水を調整する遊水地を中心とした都内最大の水郷公園で、その中にある花菖蒲園は都内第一といわれる。園内には他に、桜、メタセコイヤ、ポプラ、オニバスを始めとする多種多様な植物が育っている。この地域は元々、古利根川の河川敷であり、1940年に紀元2600年事業のひとつとして水元緑地が計画され、太平洋戦争による中断を経て、1965年4月1日に水元公園として開園した。(総面積93㌶強)
季節的に一足早い真夏を思わせる日差しの中、千代田線金町駅を総勢20名(男13、女7)で出発、約2㎞を歩き水元公園に到着。広大な園内を散策する便宜より、昼食を含む2時間の自由行動とした。
目当ての花菖蒲は真っ盛りで、100種、14,000株は見応え十分であった。ところで、いずれ劣らぬ美人二人がいる時に使う「いずれがあやめ、かきつばた」という語があるが、関係すると思われる植物を整理すると、(1)菖蒲湯に入れる「菖蒲」(2)「花菖蒲」(3)「あやめ」(漢字で書くと菖蒲)(4)「かきつばた」(杜若)の4つがある。万葉の頃は「かきつばた」が読まれ、「菖蒲」というと(1)の葉菖蒲のことであり、「花菖蒲」が文献に出てくるのは江戸時代からで、それ以降これらの語が混同して使われて今日に至ったという。植物学的には、(1)はサトイモ科で別物、(2)と(3)と(4)は全てアヤメ科で同じ仲間だが、花びらの柄、咲く場所、背丈、咲く時期等が異なる。今回は、最も背丈が高く、咲く時期が一番遅い「花菖蒲」が色とりどりに一面に咲き誇る中を巡り歩いた。「はなびらの垂れて静かや花菖蒲」という虚子の句も思い出されたが、静かさよりも、美を競い合う花の極みを堪能した感が印象的であった。
メタセコイヤの林、ポプラ並木等へも足を運び、ウォーキングも十分に楽しんだ。
金町駅へ帰る途中南蔵院に立寄り、大岡裁きの講談で有名な「しばられ地蔵」を参詣した。(現在では、縄で地蔵をしばると願いが叶うと言われている)
この後、柴又帝釈天を参詣、金町駅から1㎞強の道程を、ウォーキングと京成電車利用に別れて向かった。平日でも参詣人で溢れる参道では両側に続くお店を楽しみ、柴又駅前では寅さんと妹さくらの銅像に映画の人気を思い知った。
東久留米に帰り、14名の参加を得て、大々的に打ち上げを行った。
部会長東海俊孝記
IMG_1097IMG_1105IMG_1104IMG_1107IMG_1108IMG_1113

ウォーキング&山歩き(甲州街道を歩く)5月21日猿橋、大月、初狩(13.6㎞)

-

総勢11名(男6、女5)の参加を得て、中央本線鳥沢駅から出発、先ずは平坦な自動車道に沿って4㎞半ばを歩き、名勝猿橋に到着。猿橋は橋脚を使わずに両岸から張り出した四層のはね木で橋を支え、日本三大奇橋に挙げられている。(他は、周防の「錦帯橋」、木曽の「波計の桟(はばかりのかけはし)」)。橋を渡る時は気付かないが、橋から下って橋を見上げると、橋脚のない構造にえも言われぬ感動を覚えた。また、橋の掛かる深い渓谷を下って遠景すると、青い清流の美しさに橋の掛かった構図の素晴らしさに暫しくぎ付けとなった。月曜日ということもあってか、観光客も我々以外に殆どおらず、ゆっくりと辺りを散策することができた。橋の南詰には芭蕉の句碑「枯れ枝に鴉のとまれけり秋の暮」があったが、句碑の字は読むのが難しい状態であったのが残念である。
歴史上、猿橋の地は武田信虎(信玄の父)と上杉憲房の合戦(1524年)を始め、戦略の要地であったが、江戸時代に入り甲州道中の要衝となると、多くの文人墨客がこの絶景に杖を止め、作品を残している。
猿橋から桂川を遡り、右岸に岩殿城(標高634m、武田24将の小山田信茂の居城で関東三城の一つ)を見ながら駒橋宿跡を過ぎ、国道20号に沿って、大月の街に進み、三々五々に分かれて食堂に入り昼食をとった。山梨の名物「ほうとう」を食べた人が多かったようである。
午後は更にひたすら国道20号を進み、下花咲宿跡では星野本陣跡の建物を見て、上花咲宿跡を過ぎて、今回の終着点初狩駅に辿り着いた。上花咲宿跡からの4㎞は全て登り坂で、舗装された歩道を車と一緒に歩くのは余り楽しいものではなかったが、折からの心地よい風にも助けられて、皆んな頑張って歩き通していた。 
東久留米に帰り、希望者で恒例の打ち上げを行った。  部会長:東海俊孝記
駒橋宿跡

猿橋

IMG_1030

IMG_1035

猿橋遠景2

3 / 512345