小平グリーンロード西側半周(野火止用水と玉川上水)を歩く ご案内

-

日時:11月25日(月)9:45 東久留米駅集合  *悪天候の場合:中止(来年のどこかに延期)
往路の交通:東久留米9:52発 →所沢10:00着
(西武新宿線)所沢10:11発→久米川10:20着
【行程】 《合計11㎞程度、歩行時間3時間弱》
久米川駅からウォーキング開始→八坂駅を越え「九道の辻公園」から野火止用水の緑道に入る→東大和駅を過ぎて「松の木通り」→上水小橋(玉川上水駅手前)から玉川上水緑道に入り、「9月末に行った玉川上水ウォーキング」の延長線を歩く→鷹の台駅(終着地)
  *途中東大和駅(5㎞)、玉川上水駅(6㎞)でウォーキングを終了してもOK。
**歩き足らない方は、一橋学園駅まで、更には喜平橋まで歩いてもOK。
注1:殆ど全行程が、緑道であり、樹木の中を歩く感じである。
注2:12月9日(月)臨時ウォーキング「黒目川に沿って歩く」は、全行程が川の土手の上の道で樹木等はなく広々とした感じなので、風景が全く異なる。

費用:参加費無し 交通費(往路210円+復路242円=452円)と飲食代
昼食:弁当、飲み物持参のこと。(前半途中にコンビニ、後半は自販機も含め皆無)
連絡先:東海俊孝 電話473 – 8566  e-mail toshi-tokai@kvj.biglobe.ne.jp
     携帯:080 – 1205 – 9494
別処尚志 電話475 – 1710  e-mail t_bessyo@jcom.zaq.ne.jp

《参考》
野火止用水:野火止用水は300余年間農業や生活用水として利用されたが、昭和39年に玉川上水からの送水が中止され、昭和59年清流復活事業で元の姿に蘇った。玉川上水駅から300m程手前の小平監視所(上水小橋の前)で取水され、松の木通りの下の暗渠を通り、東大和駅の青梅橋を過ぎて暫くして、野火止用水が現れる。ここから野火止緑地、九道の辻、水道道路に沿って流れ、平林寺を過ぎ、最終的に、野火止公園の先の新川越街道を潜り、暗渠となって新河岸川に注ぐ。

玉川上水:上水は、昭和38年に出来た小平監視所から東村山浄水場へ導水管で送ることになったことにより、空堀状態となった。昭和61年から都の清流復活事業により、昭島市の下水処理場の浄化水を流すようになった。「玉川上水清流の復活碑」のそばの上水小橋は、玉川上水の水辺に降りられる唯一の橋で、浄化水の湧き出しを見ることが出来る。 以上