第68回ウォーキング 飯能から高麗峠を越えて巾着田(五百万本の曼珠沙華に染まる)

-

日時:9月24日(月)秋分の日   *雨天の場合:9月25日(火)に順延 
    集合: 9 : 30 東久留米駅改札口 ☆途中参加の方は事前に連絡を! 
   *従来25日(火)で予定していたが、期日を変更した。  
      
交通: <飯能行き電車> 東久留米 9:40発 → 所沢9:47着、9:54発 → 飯能10:18着
          (ひばりヶ丘9:37発)

歩行距離:今回のウォーキングは、負荷は比較的軽いので、気軽にご参加下さい。
飯能駅~巾着田のウォーキング時間:1.5~2.0時間(数回の休憩時間は別枠)
高麗峠を越え、巾着田に到着後、深紅の曼珠沙華の広がる現地で昼食、自由散策
★地面に敷くブルーシートがあれば、ご持参下さい。

昼食: 多数出店される屋台から調達出来ます。弁当持参もお勧め。     

費用: 参加費300円(昼食時のビール代込)
その他負担:交通費(往340 + 復370 =710円)、巾着田入場料300円、食事代等

連絡先:東海俊孝 電話473 – 8566(携帯: 080 – 1205 – 9494)
         e-mail toshi-tokai@kvj.biglobe.ne.jp
別処尚志 電話475 – 1710  e-mail t_bessyo@jcom.zaq.ne.jp

今後の予定: 11月5日(月)or 26日(月)高尾山から小仏峠に下りる

以上

高麗(こま)の歴史:高句(こうく)麗(り)は紀元前37年頃から約700年間、中国東北部から朝鮮半島北部にかけて栄えた。その間の長い時間に多くの高句麗人が日本各地に渡来した。続日本紀によれば、716年、大和朝廷は関東一円に住んでいた1799人の高麗人(こまひと)を集め、武蔵国に高麗郡(こまぐん)を設置、高句麗王族の高麗(こまの)王(こきし)若光(じゃっこう)を初代郡司とした。爾来、明治29年に入間郡に編入される迄、高麗郡は1200年間続いた。