ウォーキング部会&散策山歩きの会 日和田山、巾着田の花見

-

<ウォーキング部会> 第59回 日和田山ハイキング、巾着田で花見 活動報告

4月5日(水)。山登りと花見、浩然の気を養ってくれた一日でした。
天気に恵まれ、14名(内女性4名)の参加を得て、先ずは西武秩父線高麗駅から1㎞程度の登山口から、日和田山(海抜305m)に向かい高低差200mのちょっとした登山に挑みました。登り始めて30~40分で木立を抜け眺望の素晴らしい金毘羅神社に到達。80歳台のお二方を含む全員が頑張って着いたこの地からは、眼下に今日これから花見を予定している巾着田を見下ろし、心地よい日差しとそよ風を浴びて暫し仙人の気分に浸っていました。景色の案内板には遠く丹沢や富士山を望む写真が掲げられていましたが、春霞に遮られていたのは残念でした。「花は盛りに月は隈なきをのみを見るものかわ」との徒然草の一節が過ぎり、霞んだ風景にフランス印象派の絵画を何となく思ったのは負け惜しみでしたでしょうか。頂上までここから往復15分程度更なる汗をかいてきました。
日和田山から下山すると、直ぐそこは秋の彼岸花で有名な巾着田です。今回の季節では桜と菜の花を売り物にしているのですが、桜は東久留米と同じで、今年は例年より10日程度遅いようで、概ねが3分咲きの中で、漸く7~8分咲きの場所を見付けて筵を広げ、何とか花見と洒落込むことが出来ました。花の下では普通の酒を美酒にし、コンビニ弁当を御馳走と化してくれ、皆さん一緒に「花と団子」の両方を楽しんだ次第です。また、染井吉野とは風情が異なっていたでしょうが、「行き暮れて木の下陰を宿とせば、花や今宵の主ならまし」と詠んだ古人(平忠度)を思い遣らせてくれた一時でもありました。
(菜の花:巾着田以外の場所では此処彼処で黄色く彩っていましたが、8日と9日が菜の花祭りというポスターの下でも肝心の巾着田は全く駄目でした。)
帰りの途上、近年になり公開され始めた古民家を見学。土地の庄屋を務めた人の家で、江戸時代に建てられた建物に明治以降改築と増築が行われたとのことでしたが、小さな我が家からは想像が出来ない広さと部屋数、天上の高さ、手の込んだ建具等々、民家というイメージからは到底測ることの出来ない贅沢さに、唯々目を見張ってきました。
東久留米駅に戻り、恒例の打ち上げを行いました。            東海俊孝記

巾着田にて昼食_0441

古民家にて_0447高麗駅前 IMG_0433

日和田山山頂_0438

日和田山からの眺め_1 _ 0416

日和田山を望む_0444