バドミントンの練習中止は6月末まで

-

スポーツセンターなど東久留米市の公共施設が、6月30日(火)までの長期間に渡り休止すると発表されましたので、この間のバドミントン練習も全て中止となります。
4月30日時点では、ここ2日間の東京都での感染者数が50人を割り込み、東久留米市の感染者数も4月19日の1名を最後に12名で止まっていますが、少しでも気を緩めると再上昇に転じかねない状況が続くと予想されます。
これまでの努力が無駄にならないよう、引き続き3原則(密閉・密接・密集を避ける)を守りながら、終息に向けての成果を待つようにしましょう。